三輪裕子

三輪裕子(みわ ゆうこ)

一般社団法人ドリームマップ普及協会 代表理事

企業・教育機関研修実績

  • 愛知教育大学
    キャリアデザインの授業にてドリームマップ講座
  • 外資系生命保険
    営業担当者向けドリームマップ講座
  • 教員向けドリームマップ講座
    沖縄県宮古島市教育委員会、愛知県知多市教育委員会で教員向け研修
  • 愛知県豊田市にて初任者教員研修等担当

ほか、小中学校、高校、大学、企業、個人向けなど全般のワークショップ、講演会などを多数担当

略歴

1975年 大阪府豊中市生まれ
大学で人間発達を学び、卒業後は社員数6000名の教材販売会社に就職。
乳幼児用教材の訪問営業を経て、CS向上のための子育て支援の部署に立ち上げから参加など、11年勤務。
子育て中の保護者の方へ子どもの心と知能を育む関わり方をコーチングの手法を活用して実施。
約3000組の親子に関わる傍ら、女性ばかり最大100名の組織で、研修・育成を担当。
出産、育休取得、職場復帰を経て、2人目の出産を機に退職。
自身の転職のためにと、国の職業訓練でパソコンインストラクターの資格を取得。「自分のような子育て中のママの社会復帰をスキル取得の面から応援したい」と職業訓練を受託している民間のパソコン教室に再就職。
再就職支援や教室運営に関わる。
転職や様々な対象の人々と携わる中で、「その人自身が意欲をもって取り組める環境やきっかけをいかに作るか、そんな場をどうやって増やすか」と考えていた時にドリームマップに出会い、2012年、協会設立と同時に認定ドリームマップファシリテーターになる。
「子どもに関わる大人が元気になれば未来が変わる」という想いでドリームマップの普及に本格的に携わることを決意し、再度転職。事務局長、理事を歴任。
2017年12月から、一般社団法人ドリームマップ普及協会 代表理事として従事。
協会の代表として、全国各地で認定ファシリテーター養成講座の講師をし、また企業や教育関係者などと連携して普及につとめている。
2018年9月、子どもの未来のために貢献するために活動の幅を広げたい、と仲間と共に特定非営利活動法人こどものみらいプロジェクトゆめドリを設立し、代表理事に就任。
現在は、二つの団体の代表として従事している。
プライベートでは、男子(平成18年まれ)と女子(平成20年生まれ)の2児の母でもある。
40歳を過ぎて通い始めた臨在禅の道場では、号の夢遊(むゆう)と呼ばれる。

PAGE TOP